こだわって選んだ『おすすめ青汁』はコチラ

朝飲む青汁で毎朝快便できるスッキリとしたひと時を!

便秘の理由にはさまざまなものがありますが、一つは食生活の乱れです。とくに、野菜が不足している時には便秘になりやすいです。野菜に含まれる食物繊維が腸の動きを活発にし、排泄を促しています。

一日に必要な野菜は350g以上と言われていますが、なかなか毎日それだけの量の野菜を調理して食べ続けるのは簡単なことではありません。そんなときに便利なのが青汁です。青汁ならば効率よく便通を促す栄養素を摂取することができます。

便秘ならば夜に青汁を飲むタイミングにはとくに決まりはありません。

しかし、便秘改善を目的とするのならば、就寝前がおすすめです。寝ている間に腸に栄養を届け、栄養がいきわたり、腸が活発に活動をして翌朝の便通を促します。寝る前ならば物理的にも精神的にも余裕があり、続けやすいという理由もあります。

その一方で、寝る前に青汁を飲むと腸の活動が活発になり過ぎて、眠りにくくなったり、気分が悪くなってしまうという人もいます。
そういう人は朝飲むのもおすすめです。夜に青汁を飲むと眠りにくくなってしまったり、気分が悪くなるという人は朝のタイミングで青汁を飲むのもおすすめです。

朝、青汁を飲むことで腸が活発になり、便秘が改善することが期待できます。青汁は水に溶かすだけで簡単に飲むことができるので、忙しい人や朝はあまり食欲がないという人には朝食代わりにもおすすめです。

適切な量の青汁の飲み方で規則正しい1日を過ごす

牛乳やヨーグルト、バナナなどと組み合わせるとより栄養を摂ることができます。身体が冷えやすい人は冷たい水ではなく、30度から40度程度のぬるま湯で作ると良いでしょう朝は数時間ぶりの栄養となるので青汁の栄養の吸収率が良いことも期待できます。

青汁の目安量は守りましょう

青汁はどのタイミングで飲むかが大切ですが、適切な量を飲むことも大切です。青汁は医薬品ではないので、即効性はありません。

なので、朝飲んでも夜飲んでも便秘は変わらなかったから規定量の二倍飲んでみようというのは間違いです。規定量よりも多い青汁を飲んだからと言って摂り過ぎた栄養のほとんどは体外に排出されてしまって無駄になってしまいます。

あるいは一部の臓器に負担をかけることになるかもしれません。摂り過ぎた食物繊維のせいで逆にお腹が緩くなってしまう危険性もあります。かならず、青汁に記された一日の目安量を守るようにしましょう。青汁は規則正しく続けることが大切青汁の効果は規則正しく続けることによって発揮されます。

体質にもよりますが、2日3日飲んでも変わらなかったから効果が無かったと判断することなく、一か月程度は続けてから効果を判断しましょう。気が向いたときだけ飲むようでは効果が実感しにくいです。

青汁は朝や夜、あるいは昼飲むのも間違いではありません。大切なのは自分が続けていきやすいことです。習慣として定着させることで、身体の環境も整い、便秘の解消につながっていきます。

便秘解消を目指すなら善玉菌配合の青汁でお腹の中を整える

便秘解消に青汁は効果が期待できるのか?

一般的に青汁には食物繊維が多く含まれていますので、効果が期待できると言えます。

しかし、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。また、腸内環境を整える乳酸菌やビフィズス菌などが配合されている青汁もありますので、便秘解消を目的とする方は、このような青汁も選択肢の一つです。

青汁は食物繊維やビタミン、ミネラルなどを豊富に含む健康食品として有名です。

これを飲んで美容と健康を維持しようと努めていらっしゃる方も多いことでしょう。でも、便秘解消には効果があるのか。気になるところです。青汁を飲むことで便秘が改善したという話を聞きますが、かえって便秘がひどくなったという話も聞きます。

果たして、本当のところはどうなのか。青汁は便秘解消をサポートする!便秘は病気というわけではありませんが、そのままにしておくと気分も重く、体調もすぐれません。

また便秘をそのままにしておくと、腸の中が悪玉菌ばかりになってしまい、大腸がんなどのリスクが高まることにもなります。できることなら、毎朝、スッキリ出して、快適な生活を送りたいものです。

ストレスなどの我慢や食生活の乱れから便秘になる女性が多い

便秘の原因は、生活習慣の乱れ・運動不足・ストレス・睡眠不足などさまざまです。

しかし、最も大きな原因は、やはり食生活における食物繊維の慢性的な不足です。食物繊維には、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維の二種類がありますが、それらをバランスよく摂ることが、便秘解消には大切です。

不水溶性食物繊維の働きとは?

不水溶性食物繊維とは水に溶けにくい食物繊維のことで、大豆やゴボウ、野菜やキャベツなどに含まれている食物繊維です。

これらは腸の中でスポンジのように水分を吸収して便を柔らかくするとともに、その量を増やす働きがあります。こうなることで、便が柔らかくなって排出しやすくなるとともに、増量した便が腸を刺激して蠕動運動を促し、排出への刺激を高めてくれるのです。

だから、不水溶性食物繊維は、スッキリしたお通じのためにはなくてはならないものなのです。バランスが大切!しかし、不水溶性食物繊維だけでは、かえって便秘をひどくすることがあります。

既に便秘状態の人は、腸の出口で便が硬く固まっていることが予想されます。そのような状態で不水溶性食物繊維ばかりを多く摂れば、増量した便が大量に送られてくるものの、出口で渋滞しているのですから、かえってお腹が張るということにもなりかねません。やはり、水に溶けやすい水溶性食物繊維も摂る必要があるのです。

青汁で腸内環境を整えながら日々のお通じを良くする

便秘を解消するためには、腸の中の善玉菌を多くして腸内環境を良くすることが大切です。そのためには善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)を増やすことが大切です。水溶性食物繊維は海藻類やフルーツなどに多く含まれていますが、これらは腸の中でドロドロに溶けたゲル状になって、善玉菌のエサとなります。

だから、水溶性食物繊維は、善玉菌を増やす働きがあると言えるのです。もし、青汁を飲んで便秘がひどくなったという人は、この水溶性食物繊維の不足が考えられます。

乳酸菌やビフィズス菌配合の青汁もチェック!

このように、青汁の中に含まれている食物繊維は、腸内環境を良くして便の排出をスムーズにする働きがありますが、さらにその効果を高めるために乳酸菌やビフィズス菌、そしてこれらの善玉菌のエサとなるオリゴ糖を配合した青汁などもあります。

これらを配合することで、いっそう腸内環境が整えられ、便秘解消がサポートされるのです。

実際に、これらが配合された青汁を飲むことで、便秘が解消したという口コミも多いようです。便秘は、本人にとっては、たいへんつらいものです。便秘で悩んでいる人は、一度、これらの成分の入っている青汁を試してみるのも一つの方法です。

便秘に効く青汁で腸内環境美人で自信もついてくる!

便通に悩む女性のための青汁で快適な生活を 近年では、30代や40代の若い女性も、青汁の成分に着目して美容(便秘解消)のために愛飲されている方も増えています。 子育て世代のお母さまや、忙しい一人暮らしの女性は、朝食を食べる […]

便秘青汁について

便秘青汁の商品によるユーザーの口コミレビューから評価・評判~キャンペーン効果まで『青汁応援便』がおすすめする人気の青汁をご案内中♪