青のりに見立てた青汁をジェノベーゼ風パスタで召し上がれ!

GREE にシェア
Pocket
LINEで送る

もしかしたら青汁は粉末のままのほうがマシかも!

水や牛乳などに青汁粉末を溶かしてドリンクとして飲む…青汁摂取の正しい姿なのでしょう。しかし、これだとどうしてもクセが強く、憂鬱になるものです。いくら身体に良いからと言っても続かなければ意味がありません。

ドリンクにしなければ!と固い頭になっていませんか?

青汁の粉末をよく見てみてください。…青のりみたいじゃないですか!?
実はドリンクにしてしまうよりも粉末のままのほうが青汁の苦みは気にならないものです。

‘緑色をした別の粉’と捉えておかずご飯として活用すればいいのです!

食材の味に紛れるので、青汁の味をほとんど感じることなく頂けてしまいます。

まず最初に提案したいのは、やはり青のりに見立てたレシピ。
天ぷら粉やフライ粉に混ぜて使用します。野菜、肉、魚…使う食材はお好みのものを何でも。
バリエーションは実に豊富に広がります。

ふりかけのようにして使うのもアリです。
おにぎりや混ぜご飯、チャーハンなど。1人前であれば大さじ1杯程度の青汁粉末をいつもの手順に加えるだけです。

通常のそれらの味を邪魔することはなく、ほんのりとした苦みがアクセントになる最適の量です。

青汁料理に慣れてきたら、ジェノベーゼ風パスタはいかがでしょうか。

たっぷりめに青汁粉末を使用するので上級編と言えるかもしれません。

1人前だとパスタ100gに青汁粉末3gを使用します。
ニンニク、オリーブ油、松の実とフードプロセッサーにかけてパスタに和えるだけで、粉チーズで味の調整をしつつ、自分好みの味を見つけてください。

青汁粉末を料理に使用するのは、いいことづくめです。

何より、あのイヤな青汁の味を食材の味に紛れさせることができ、食事を楽しみながら摂取ができるので楽に続けることができるし、彩りにも一役買ってくれます。面倒な手間も一切ナシ!

試さない手はないですよ♪

GREE にシェア
Pocket
LINEで送る

公開日