酵素のパワーで青汁の効果が倍増する

Pocket

加齢や運動不足をサポートする酵素青汁とは!?

青汁には、多くの野菜(中でも緑黄色野菜)から摂取できる栄養価が多く含まれています。

近年は野菜不足が問題視されている為、厚生労働省からも「一日に必要とする量の野菜」摂取を進める声が届いています。

しかし、実際に写真で見る1日のおすすめ量は、見ただけでため息が出る程多く、自家栽培でもしていない限り、なかなか難しいというのが現状です。

そして、そんな方にも手軽に野菜不足を補えるものが、前述した青汁です。

では酵素青汁とはどのようなものかというと、簡単に言ってしまえば、ただの青汁に酵素をプラスしているという物です。

酵素はもともと人間の身体に存在するもので、様々な機能を助けてくれる物質ですが、加齢や運動不足等が原因で、その量は減ってしまうのだといいます。

ですから食べ物から効率的に酵素を補う必要があるのですが、残念な事に、実際にはなかなか難しいのが現状です。

そこで手軽に摂取できるとおすすめなのが、酵素青汁なのです。

酵素青汁の代謝酵素と消化酵素の働きがあなたの体を補ってくれる

酵素は、様々な身体の働きを助ける為、なくてはならない物である事はお分かりいただけたと思いますが、では具体的にどのような働きをしているのでしょうか?

まず大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」の2つに分ける事ができます。

消化酵素

食べ物を体内で消化し、必要となる「栄養素」を取り込む為に必要となる酵素で、主に唾液・膵液等の消化液に含まれています。

代謝酵素

取り入れた栄養素をもとに、身体の各細胞組織をを作ったり、呼吸・運動に欠かせない化学反応に大きくかかわってくる酵素です。

また老化を防いだり、毒素を解毒したり、免疫力や自然治癒力にも働く等、人間が生きていく上でなくてはならない、重要な役割を果たしているといえるでしょう。

酵素は熱に弱いので青汁は冷やして飲むのがいいかも

身体にとって非常に大きな役割を果たしている酵素ですが、実は、人間が一生の間に生産する事ができる量には、限りがあるといわれています。

これを一般的に「潜在酵素」と呼んでおり、前述した消化酵素と代謝酵素も、同じ1つの潜在酵素から作られているのです。

つまりは、酵素を消化に多く使い過ぎれば、必然的に代謝に使われる酵素が少なくなってしまう為、生きる為の免疫力等の効果を下げてしまう事になり、健康を損なう恐れがあるのです。

ですから、なるべく消化酵素として働く分の酵素は、食べ物より摂取するのが理想的と言えるでしょう。

しかし、酵素の大きな特徴として「熱」に弱い事が挙げられます。

およそ50℃を超えると破壊されてしまうといわれている為、加熱した食べ物からは酵素を摂取できない事になります。

この点を考慮すると、果物のように過熱をしないで摂取する物から酵素を摂取できますが、やはり量に限りがある点を考慮すると、手軽に多くの酵素を吸収できる酵素青汁は、とてもおすすめの青汁と言えるでしょう。

酵素青汁には老廃物の排出促進を促し便通をよくする

酵素青汁には、熱で壊されていない生きた酵素である「活性酵素」が沢山含まれています。

青汁を水で溶かした時に、上部にクリーミーな泡立ちを見る事ができますが、これこそが生きた活性酵素が含まれている証拠と言えるでしょう。

酵素を沢山含んだ青汁には、通常の栄養価にプラスして、更に多くの発酵された栄養素が多く含まれています。

また発酵された成分は腸内環境を整え、便秘等の不快な症状を緩和する働きがある為、老廃物の排出を促し、美容・健康効果が期待できるでしょう。

更に効率よく活性酵素を補う事で、食べ物の消化を助け、その分余った酵素がしっかりと代謝を助ける事ができる為、代謝機能がアップし、ダイエットにも大きな効果が期待できます。

代謝が悪いと血行やリンパの流れも滞り、運動してもなかなか痩せにくい体質になってしまう為、酵素をしっかりと補って、太りにくい身体を作る事が大切です。

このように、毎日の青汁の中に酵素の役割がプラスされると、様々な効果が得られる為、非常におすすめと言えるでしょう。

酵素青汁はまさに栄養の宝庫

従来の青汁の多くは、高温で加工され、粉末化したものが多いです。

熱を利用する事で、製品としては殺菌作用があり安全であるといえますが、この方法では熱に弱い酵素を入れる事は不可能です。

人工的にあとから加える事は可能であるといわれていますが、天然の生きた酵素とそ栄養価をしっかりと加える事は難しいといえるでしょう。

それに比べて、酵素青汁の場合、安全な厳選された原材料を用い、しぼり汁を低温状態のまま粉末状に加工する事で、生きた天然の酵素をそのまま青汁として製品化しています。

これにより、酵素だけではなく、野菜に含まれるビタミン・ミネラル等の栄養素を、そのまま取り入れる事ができる為、栄養価は比べ物にならないほど多く摂取する事ができるのです。

手軽に天然の栄養価を摂取できる酵素青汁は、まさに栄養の宝庫ともいえるのではないでしょうか。

どの青汁がいいか迷っている人には、是非ともおすすめしたい逸品です。

効率よく飲むには1日のうちにいつ飲むのが理想?

青汁のパッケージ等に書いてある「飲み方」を読むと、1日量の目安が書いてあります。

これは摂りすぎる事で、お腹が緩くなったり、成分によっては過剰摂取につながる事を避ける為に、大切な事です。

しかし、基本的には1日のどのタイミングで飲むのかについては、あまり言及していない物が殆どです。

つまりはいつ飲んでも、1日の摂取量さえ守っていれば、特に問題はないという事なのですが、やはりせっかく飲むのですから、目的に適ったタイミングで飲みたいといえるでしょう。

おすすめとしては、運動前に飲む事で、脂肪の燃焼効果を高める事ができるといいます。

ダイエットを目的にしている人にとっては、このタイミングがおすすめと言えるでしょう。

健康を重視し、野菜不足を補い、栄養価を高めるのが目的であるならば、食事中や食後に飲む事で、胃に負担をかける事なく効果的に摂取する事ができます。

便秘を改善したいという方には、起きたては胃に負担がかかる為避け、代わりに白湯等で落ち着かせ、少し時間がたった頃にゆっくりと飲むとおすすめです。

また夜夕食から時間をあけて、寝る前のタイミングで飲むのもおすすめです。

現代社会を楽しく元気になるには酵素青汁は欠かせきれません

酵素青汁は、青汁に酵素の力を合わせた、まさに理想的な機能食品です。

毎日空いた時間で手軽に利用できる為、忙しい人にも無理なく続ける事ができ、本当にありがたいといえるでしょう。

また飲み方は1通りではない為、水に混ぜるいつもの飲み方だけでなく、牛乳や豆乳に混ぜたり、いつものヨーグルトにプラスしたりと、工夫次第で何通りもの楽しみ方ができます。

これなら飽きる事もないし、毎日続けられますよね。

健康・美容・ダイエット、いずれにしても継続してこその効果です。

しっかり続けて、酵素のうれしいパワーを実感してみてはいかがでしょうか?

酵素青汁、現代社会を元気に生き抜くために、是非ともおすすめです。

Pocket

公開日