家族で一緒に食事することで絆は深まり子どもは成長する

近年問題となっている子どもの孤食には栄養バランスが偏ってしまう、社会性や協調性が育ちにくいといった問題を学んでいます。我が子のことを思うなら、毎日1食でも良いので、一緒に食事する時間を作ってください。

家族で一緒に食事することで絆は深まり子どもは成長する

成長過程にある児童が1人で食事を取ること、いわゆる「孤食」が近年問題になっています。

子どもの孤食は、好き嫌いを増やし栄養バランスを偏らせたり、コミュニケーション不足により社会性を育ちにくくしたりすると言われています。我が子を成長させ、家族の絆を深めるためにも、1日1回は一緒にご飯を食べましょう。

子どもの弧食の増加が問題になっている

孤食とは、1人で食事を取ることです。近年は、成長途中にある児童の孤食が増えているということが問題になっています。

問題となっているのには、理由があります。まずは、情緒が不安定な時期に寂しさを感じてしまうこと。また苦手な食べ物を残した時に注意してくれる人がいないので、好きなものばかり食べてしまい、栄養バランスが偏ってしまうこと。コミュニケーションの欠如から、社会性や協調性が育ちにくくなること。こうしたさまざまな面で問題視されています。

核家族の増加と生活スタイルの相違が原因

児童の孤食が増えている理由は、核家族が増加していることや、それぞれ家庭での生活スタイルが異なっていることだと考えられています。

祖父母と同居している家庭は年々減っており、子どもの食生活については、両親しか配慮する人がいない家庭が増えています。しかし共働きの世帯が増えた現在、我が子のリズムに合わせて時間を取ることができる父親や母親は少なくなっています。結果的に、1人でご飯を食べる児童が増えているのです。

家族とのコミュニケーションが図れる

それぞれの生活スタイルが違うのだから、家族一緒に食事をすることは難しい、と諦めてしまう人もいるかもしれません。しかし、家族みんなでご飯を食べることで、たくさんの良い効果が得られます。

家族とのコミュニケーションが図れる

最大のメリットは、コミュニケーションが図れることです。美味しいものを食べて満たされた気分になると、気分が朗らかになります。会話も自然とはずむので、互いが自分の気持ちを伝えるのに、うってつけです。

我が子が何を考えているのかわからない、そんな時はご飯を一緒に食べながら、ゆっくりと会話してみてください。素直な思いを聞くことができるでしょう。

良い手本を見ることが子どもの成長に繋がる

子どもは親を見て成長します。一緒にご飯を食べることで、子どもは食事のマナーを学ぶことができます。百聞は一見に如かずと良く言いますが、口で説明するよりも実際に良い手本を見せる方が印象に残るのです。

また児童の好き嫌いをなくすのには、大人が食事に同席し、実際に同じものを食べて見せることが重要だとされています。模範的な姿を直接見せることが、子どもを成長させる一番の方法です。

我が子のマナーが向上しない、好き嫌いが多いなど、食事に関する悩みがある人は、一緒にご飯を食べることで解決するでしょう。

少しの時間でも良いので共有することが大切

忙しい毎日の中で、3食とも一緒に食べるのは難しいかもしれません。しかし、努力すれば1食分くらいの時間は作れるはずです。我が子のためにも、毎日1回でも良いので、一緒に食事をしましょう。

少しの時間でも良いので共有することが大切

朝少しだけ早めに起きて時間を作り、トーストを食べて青汁を飲みながら会話をするだけなら、わずか10分で事足ります。調理の時間もほとんどかかりません。青汁は低カロリーで栄養素が高い飲み物です。朝食に青汁を取り入れれば時間を短縮させ、その分会話の時間を増やすことができます。

野菜の味を苦手とする子どもは多いですが、ジュースとして飲める青汁なら徐々に野菜の味に慣れさせて、野菜嫌いを治すこともできます。

近年、子どもの孤食が増えています。核家族の増加や、生活スタイル子どもの食事の時間に合わないことが原因と言われています。

家族そろって食事を取ることは、コミュニケーションを増やし、絆を深めることに繋がります。また、マナーを向上させたり、好き嫌いを少なくしたりすることもできます。時間を取るのは難しいかもしれませんが、我が子のためを思うなら、1日1食は一緒に食事を取りましょう。

公開日