青汁の栄養価は使われている原料の量や加工の方法により左右される

Pocket

近頃では青汁に様々な原物が使用されています。
良く使用されている三大原物は大麦若葉、ケール、明日葉ですが、その他にも桑葉、長命草、甘藷若葉、ゴマ若菜など色んな原物を見受けるようになりました。

それぞれ栄養価の高い原物ですが、使用されている原物の量やマニュファクチャーの手段により、青汁の栄養価は変動します。
当然、栄養のある青汁もありますが、栄養のない青汁もあります。

とにかく、どのような野菜をメインに青汁が作られているか調べるために「主原料」を確認することが須要です。

青汁パッケージの「主原料」を確認する

「原材料名」ではJAS法において表示の仕方が定められており、原料名のプロシージャは製品に含有されている重量の多い原料から表現されています。

このうち「主原料」とは、その製品に使用された全原材料中のウエートが上位3品目に含有されており、いまもって、食品中を保有するウエートが5%以上のものを指摘しています。
また、要素添は原材料とは分類されて表出されており、これもウエートの多い物から表出されています。

ケールの青汁を飲んでいるはずだったのに、実際は大麦若葉の比重が重かったり、主原物よりもブドウ糖などの甘味成分が前に表出されている青汁もあります。

また、秘結解消を言い立てる青汁は、ケールや大麦若葉などの原物の前に「デキストリン」が表出されているケースもあります。
これから自分がどんな青汁を飲むのか、原物や添加物をきちんと確認しておきたいですね。

大麦若葉

特質的な構成物として、「SOD酵素」があります。ケール、明日葉にも入っていますが、格段、大麦若葉にふんだんに含有されています。抗酸化物質や抵抗力を向上させる効能があり、がんを開始地点とし病患や老け込みの誘因ともなる「スーパーオキシド」の作用を抑制するパフォーマンスをします。そのせいで、身体の錆付きを食い止めることで老け予防をしたり、三大成人病の阻止をする効能があります。

ケール

ビタミンA・ビタミンC・ミネラル類などバランスの優れた栄養物にプラスしてヨウサンもふんだんな野菜のキングです。
格段、長所として関心を寄せるべきポイントは、「カルシューム」のふんだんさです。
ケールはカルシュームのみでなくカルシュームの吸い上げ率も高く、カルシュームの吸込み性について言えば、牛乳より高いという研究結果もあります。
その他にも、ケール特質構成物で抗酸化物資のあるフルオレセイン、睡眠ホルモンの一種であるメラトニン、目の健康を維持するルテインを含有しているのも特質的なキャパシティ構成物です。

明日葉

カリ、ビタミンケイをふんだんに含有しています。
特質的な含有構成物としては、ポリフェノール成分の「カルコン」があります。
カルコンは、明日葉特質の構成物で、体内のセルライト(老廃物)消除などの無毒化効能や動脈硬化症、贅沢病防止にも効力があると関心を向けられています。
また、セリ科の植物なので、ポリフェノール類の「クマリン」もふんだんに含有されていて、アルツハイマー型認知症を防止するヘルス効能も評判です。

青汁の栄養構成物はいかほどか?

原料を確認したら、青汁にどれほどの栄養構成物が含有されているかを成分数値をチェックしましょう。

栄養成分表示には、何グラムにつき、どれほどの熱量(カロリー)があり、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム及び表出された栄養構成物がどれほどの含有量なのか表出されています。
青汁は、原物や レシピーにより栄養構成物が変動するため、これから飲用する青汁が、1包で自身が須要な構成物をどれほど体内に摂り入れることが可能かというのをチェックしておきたいですね。

けれど、 粉体青汁のケースは、1包又は1箱あたりのウエートが栄養構成物表出のスタンダードとなっているものが殆どで、青汁ごとに1包に含有される内容量が異なるため、引き比べる際はgを取り混ぜて比較検討する須要があります。

青汁と野菜ジュースどちらが良いのか?

同じ健康ネタを使用して野菜構成物を体内に摂り入れるのだったら、コンビニやスーパーで手軽に購入可能で美味い野菜ジュースもチャームですね。

けれど、野菜ジュースは、簡便さとジュースみたいな飲用しやすさがあるけれど、翻って果汁や糖分も含有されているので、カロリーが高く、より飲用しやすくするための甘味料や保存料などの食品添加物も心配材料です。
また、簡便で廉価な野菜ジュースは外国産の原物を用いたものが殆どで、出所や耕作手段も不鮮明なものも沢山あるのも毎日飲用することを考慮すると気がかりなところです。

その点青汁は、国産、有機農業、無農薬農法、無添加など、セキュリティにフリークして作られていることが多く、製造工程もサイトやパンフレットに掲載されている青汁もあり、日々続行することを考慮すると信頼度も高いです。

引き比べてみると、スナック感覚でジュース代わりに時たま飲用するのであれば野菜ジュースも結構ですが、原材料への信頼感、カロリー、スティックの便利さなどから「日々継続する」ということを考慮すれば、野菜ジュースより青汁の方がイチオシです。

きちんと野菜構成物を補助できるイチオシ青汁とは

栄養価的に見れば液体(冷凍)タイプの青汁が高いですが、簡便さや携帯性の良好さを見ると、スティックに個別包装されている粉末タイプがイチオシです。当然、粉末タイプの青汁でも、確実に野菜成分を補助できるものもあります。

栄養をしっかり補える青汁には、サンスター 健康道場粉末青汁・サントリー「極の青汁」・ファンケル本搾り青汁ベーシック・ステラの贅沢青汁といったものがあります。

Pocket

公開日