人気の美味しい青汁ランキング2018

青汁は栄養満点な健康食品でダイエットアイテムとしても人気!

Pocket

青汁を飲んでも痩せないことがある?

ダイエットに効果があるという評判を聞いて青汁を飲み始めたのに、全然体重が減らない!という人は、もう一度青汁の効能について正しく知る必要があります。

青汁を飲んでも痩せないことがある?

結論から言うと、青汁そのものに直接ダイエット効果はありません。

青汁は「ダイエット効果をサポートする」もの。
青汁で痩せるしくみを見ていきましょう。

青汁に使用されている主成分はケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉など。

これらは「食物繊維の宝庫」と呼ばれるほど、多くの食物繊維を含みます。青汁がダイエットに効果的と言われるのはこの食物繊維の多さによりますが、食物繊維はどのようにダイエットと関連しているのでしょうか。

食物繊維は腸の働きを活発にする作用を持ち、便通を改善する効果が期待できます。青汁を飲み続けることでお通じが良くなると体内の宿便が排泄されるため、一時的に体重も落ちることがあります。

そのためダイエットに効果があるといわれるケースがあるのです。
ダイエットを成功させるためには体にたまった脂肪を燃やすこと。ちなみに脂肪を燃やすために直接的に有効な食べ物はありません。

脂肪を燃やすには、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取しながら適度な運動を行うこと。

青汁には豊富なビタミン・ミネラルが配合されていますから、青汁と運動を組み合わせるのはダイエット方法として有効です。

便秘は美容と健康の大敵!便秘を解消してスッキリ美人に!

便秘に悩む女性は多いもの。特にダイエット中には頑固な便秘に悩まされることがあります。

便秘は美容と健康の大敵!便秘を解消してスッキリ美人に!

便秘が長引くとお腹が重くなったり肌が荒れたりと憂鬱な症状があらわれますが、それ以上に便秘は体に良くない影響を与えます。

腸内に便が溜まって排出されないでいると、便によって有害物質が発生します。これが腸の悪玉菌を増加させます。

悪玉菌は腸内に腐敗物質を生み出す原因となり、便のにおいだけでなく体臭や口臭を引き起こします。

また腐敗物質の中には発がん性を持つ物質もあるため、ただの便秘と放っておくと大腸がんのリスクも高まってしまうのです。
これらの悪循環を断ち切るためには腸内環境を整えることが大事。

食物繊維をはじめとする栄養素が豊富な青汁は腸内環境の改善にぴったりです。

腸内環境を守るのは善玉菌。善玉菌が優勢になると腸の働きを整えたり食べたものの消化吸収が良くなり、免疫力の高い体を作ることができます。

善玉菌を腸内で増やして悪玉菌を減少させるには、善玉菌の栄養となる食べ物や栄養素を多く取ること。
善玉菌の好物となる栄養素は食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などが主なものとして挙げられます。

特に食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、それぞれの食物繊維をバランスよく摂取するのが理想的。

青汁の成分には水溶性・不溶性のどちらの食物繊維もバランスよく含まれていますので、腸内環境を整えるためにふさわしいのです。

ダイエットに青汁を効果的に取り入れる方法

低カロリーで栄養豊富な青汁はダイエットのおともにぴったりの健康食品です。

ダイエットに青汁を効果的に取り入れる方法

青汁の中にはダイエット中に積極的に取り入れたい栄養素がふんだんに含まれているので、置き換えダイエットや糖質制限ダイエットの食事として活用する人もいるほど。

青汁を使った青汁ダイエットは簡単で人気の高いダイエット方法でもあります。

青汁ダイエットとは、食事の前に青汁を飲んだり、一食を青汁に置き換えるダイエット方法。
摂取カロリーを調整し体調を整えることを目的とし、ある程度の時間をかけて行います。

青汁はビタミンやミネラル、食物繊維などを効率よく摂取できるので、便秘やむくみの改善、デトックス効果など、体内をスッキリさせる効果を見込むことができます。
青汁ダイエットをおすすめするのはこんなタイプの人。

・無理な食事制限をせず健康に痩せたい人
・便秘がちで体がむくみがちな人
・野菜不足で偏った食事が気になる人

ところで、青汁ダイエットをスムーズに行うために抑えておきたいポイントがいくつかあります。それは「ダイエットを始める時期と青汁を飲む量」「1日のうちにどのタイミングで青汁を飲むか」です。

ダイエットスタートの時期と青汁を飲む量

青汁ダイエットを始めるなら、生理が終わってから1週間のあいだがおすすめ。

生理終了から排卵までの1週間は、痩せやすいホルモンのエストロゲンが増加します。代謝も上がる時期なので、このタイミングに合わせてダイエットをスタートさせるのが機能的です。

逆にダイエットを始めるのにおすすめしないのは生理前の1週間。この時期は栄養素や水分をため込むためのホルモンが増加するため、痩せにくい期間となります。

青汁の1日あたりの摂取量はメーカーの推奨量を参考にしましょう。

ダイエットの効果を高めようとして青汁を飲みすぎてしまうと下痢や便秘を起こしてしまう可能性があります。

1日のうちにどのタイミングで青汁を飲むか

1日のうちいつ青汁を飲むかもポイントです。1日コップ1杯を摂取するとして、「食前」「間食」「置き換え」のどれにするかで効果が変わってきます。

食前に青汁を飲むと食事の際の血糖値の上昇が緩やかになり、食べ過ぎを防ぎます。ついつい食事を食べ過ぎてしまう人は食前に飲むのがおすすめ。

間食の代わりに青汁を飲むと、間食時のカロリー摂取を抑えることができるため痩せやすい体質づくりのサポートになります。

習慣化して摂取することで便秘やむくみの解消効果も期待できます。食生活が乱れがちだったり間食時に何か口にしたい人におすすめです。

食事の一食を青汁に置き換えると1日あたりのカロリー摂取量を大幅に抑えることができます。時間がないので朝は食べずに家を出るという人は、さっと手軽に摂れる青汁を朝食替がわりに飲んでみてはいかがでしょう。

Pocket